犬の眼科名医がいる東京の動物病院を7つ厳選

日本でも最も動物病院が多いと言われる大都市東京。
名医と言われる獣医師も数多くいるといいます。

私の友達も名医を求め、愛犬を新幹線に乗せて東京まで連れて行ってたことがありました。
しかし名医も動物病院も多いがゆえ、かえってどの病院にいったらいいか迷ってしまいせんか?

白内障や緑内障、愛犬の目の病気は、どうせなら眼科専門医、又は得意とする獣医に診てもらいたいのが本心ですよね。

今回は、HPをくまなくチェックし、犬猫の目について特化した眼科獣医がいる東京の動物病院を7つご紹介します。

トライアングル動物眼科診療室

トライアングル動物眼科診療室

画像は公式HP引用:トライアングル動物眼科診療室

1984年5月に開院された歴史ある動物病院です。時代が専門分野を求めていることもあり、2006年5月に眼科を専門とした動物病院へと新しく変わり、今に至るようです。歴史ある病院のようで、手術件数は600件以上という実績もあります。

院長先生をはじめ、獣医師が5人いるようですが、全ての獣医が眼科に特化しています。プラス手術には麻酔科医という分野の獣医がいて、麻酔管理に特化した獣医さんを一般社団法人日本動物麻酔科医協会から派遣しているようです。

人間なみの専門医療の分担にこだわっているところを見ると、獣医師の向上心の高さが感じられます。

紹介医療も承っているらしく、個人の病院で対処できない症例やオペなども引き受けているのでしょう。白内障手術だけでなく、緑内障手術・網膜剥離手術と、難しい手術もしているようで頼もしいです。

初診の診療時間の目安が、検査を含め2時間と書いてました。

小さいことですが、こういった飼い主さんへの気使いともとれる目安をHPで書いてくれてるのはとても有り難いですね。

完全予約制なので、電話でのご予約が必要です。ペットの送迎車ご紹介もしてくれるので、交通手段がない方も問い合わせてみるといいでしょう。

〒112-0003
東京都文京区春日2-23-12
03-3818-3981

HPはこちらです。
トライアングル動物眼科診療室

アニマルアイケア・東京動物眼科醫院

アニマルアイケア・東京動物眼科醫院

画像は公式HP引用:アニマルアイケア・東京動物眼科醫院

白内障はもちろんのこと、角膜潰瘍やドライアイなども対応の眼科専門の動物病院です。小林義崇先生という院長先生で、獣医眼科学専門医です。現在6人の眼科獣医がおり、研修医が1名いるとHP上に書いてました。

アニマルアイケア・東京動物眼科醫院facebook
フェイスブック上に載っていた院長先生です。この方が小林先生かな?
比較眼科学会認定獣医眼科学専門医を取得されています。他の獣医の先生の画像はありませんでした。

完全予約制なので、お電話でのご予約になります。

〒158-0093
東京都世田谷区上野毛1丁目12-12
03-5760-6841

HPはこちらです。
アニマルアイケア・東京動物眼科醫院

工藤動物病院

工藤動物病院

画像は公式HP引用:工藤動物病院

眼科と皮膚科に力を入れているようです。院長先生をはじめ、4名ほどの獣医師がいます。

このうち眼科専門医は院長先生のようで、週5日出勤とHP上にありました。白い髪に白いひげ、ザ・獣医といったイメージです。

また、ネットショップもあるみたいですが、白内障予防の目薬は残念ながら売ってませんでした…。

雨の日に行くと何らかのプレゼントがもらえるようで、遊びココロあるユニークな動物病院です。

こちらの病院は、眼科・皮膚科を専門としていますが、一般の診療も行っているようで、混合ワクチンや狂犬病ワクチンの受付もしています。

眼科は完全予約制で、午前中のみの予約です。

〒164-0003
東京都中野区東中野1-13-26
03-3371-3963

HPはこちらです。
工藤動物病院

小滝橋動物病院

画像は公式HP引用:小滝橋動物病院

こちらは人間の病院なみに専門分野が分かれていました。
分院も7つもあるようです。2020年再度HPを拝見したところ、大きくリニューアルしていました。

以前は眼の予防医療や料金なども表記してましたが、現在は書いてないようです。

とはいっても眼科を得意とする先生はいるようで、牧野 祥之先生という獣医師がそれにあたるかと思います。

眼科以外にも

  • 整形外科
  • 一般外科
  • 腫瘍科
  • 循環器科
  • 腎泌尿器科
  • 神経科
  • 歯科
  • 皮膚科

とそれぞれ分かれています。

予約制ではないですが、眼科の先生の出勤日をHP上でチェックしたほうがよさそうです。

〒169-0073
東京都新宿区百人町4-9-2 第二浅美ビル1F
03-5332-6866
HPはこちらです。
小滝橋動物病院

安倍動物病院

安倍動物病院

画像は公式HP引用:安倍動物病院

眼科だけに特化した動物病院ではないですが、院長先生が比較眼科学会というところに所属し、かつ学会会長をされているようです。
目以外にもワクチン、避妊や去勢手術などの一般診療などもされています。

HP上には犬猫の白内障や緑内障、網膜剥離などについて非常に詳しく説明してくれていて、読むだけでもとても勉強になります。

テレビにも出演した経験もあるそうで、HP上に院長先生の写真が掲載されています。とても優しそうな先生です。

HP上から獣医師の勤務表も確認できます。眼科は完全予約制です。

〒110-0013
東京都台東区入谷2-2-8
03-3873-4798
HPはこちらです。
安倍動物病院

くじら動物病院

くじら動物病院

画像は公式HP引用:くじら動物病院

眼科専門の動物病院ではありませんが、院長先生が眼科専科研修獣医師として4年間研修していた経歴があり、眼科をもっとも得意としているようです。

院長先生のブログには、目に関しての記事が多く、白内障についてこのような意見の記事もありました。
犬の白内障の目薬は本当に効かないのか?

白内障目薬についてこのような意見をもっており、色々とお勉強されてるんだなあと感じました。獣医の先生が、色々とブログで情報を発信してくれるのはとても嬉しいですね !

こちらの病院は、予約制ではないので、時間が空いた時に気軽に行けそうです。

〒183-0052
東京都府中市新町1-52-1-A
042-319-8902
HPはこちらです。
くじら動物病院

東京ウエスト動物病院

東京ウエスト動物病院

画像は公式HP引用:東京ウエスト動物病院

一般診療とは別に、眼科ケアセンターが併設されているようです。ブログ内で、たくさんの症例や手術風景などをを見ることができます。

チェリーアイの手術例が多くありましたが、白内障に関しても最新の手術装置を取り入れているようで、心強いですね。

最新が必ずしもいいというわけではないとは思いますが、新しい物を取り入れるということは、時代の変化をきちんと捉えているということ。常に勉強を怠らない向上心のある先生なのだと思います。

また、白内障や目の病気の犬をもつ飼い主の素朴な疑問にも丁寧に答えてくれていて、それをHP上で公開してくれています。全て隠さずオープンにしているのは、信頼できる病院だといえるのではないでしょうか。

特に予約制とは書いてませんでした。

〒187-0043
東京都小平市学園東町29-43
042-349-7661
HPはこちらです。
東京ウエスト動物病院/眼科ケアセンター

まとめ

お住まいの近くに良い眼科専門動物病院はあったでしょうか?
かかりつけの獣医師が眼科専門でなかったとしても、紹介で専門医を紹介してくれる場合もあります。

愛犬の目の病気や白内障に関しては、しっかり知識をもった専門の獣医師に相談するのがベスト。
東京近郊にお住まいの飼い主さんの参考になれば幸いです。