犬の白内障っていつからなるの?

犬の白内障イメージ画像

犬の白内障は、先天的なもの、後天的なものに分けられます。
白内障は老犬特有の病気だと思われがちですが、犬種によっては、幼い頃から発症してしまうこともあります。初期の段階では、一見わかりにくく見落としがちですが、進行が進むと目が真っ白に濁ってしまうので、肉眼で見てもはっきりとわかります。
なりやすい犬種となりにくい犬種がいますが、年をとれば犬種関係なくほとんどのワンちゃんが白内障になる可能性があると言えるでしょう。
ある日突然真っ白になるのではなく、徐々に時間をかけて白くなり、視力を低下させます。
放っておくと最終的には失明してしまうので、日ごろから愛犬の目はよく観察しておきましょう。 初期の段階では、素人ではわかりにくので、動物病院などへ訪れたときなど、獣医にチェックしてもらうといいでしょう。

白内障がすすむと…

ワンちゃんの白内障が進むと、普段の行動にも変化がでてきます。白内障がすすむと、

  • ・だんだんと寝ている時間が長くなった。
  • ・おもちゃやボールに興味をしめさない。
  • ・お散歩中溝におちたり、階段で転んだりする。
  • ・目ヤニが多くなる。
  • ・昔より大きな音や声を怖がるようになった。
など、目がみえないことで、生活に支障がでてきます。
年だから…とあきらめてしまって放っておくと、失明だけでなく、思わぬ病気を併発することもあるので、初期の段階で目薬などで予防してあげることが大切です。
また、糖尿病のワンちゃんなどは、白内障になりやすいとされてますので、日ごろからフードやおやつなどは与えすぎず、太らせないようにしましょう。
おやつのあげすぎや人間の食べている味の濃いものなどをあげるのもNGです。肥満だけでなく、免疫力が低下し、様々な病気を引き起こしてしまう恐れもあります。
バランスの取れたフードで強い体を作り、病気からワンちゃんを守りましょう。

もしかしたら白内障では?と感じたら

老犬の白内障

白内障はゆっくりと時間をかけて白くなっていくものなので、初期の段階では判断がつきにくいものです。
白内障に限らず、どの病気もそうですが、初期の段階がもっとも大切。成犬・老犬関係なく、1年に1度は健康診断を受け、目や体をきちんと検査してあげましょう。
先天症の白内障であれば、生後間もなく診断がつくので、すぐになんらかの処置が必要です。
目の病気などは、専門的な知識も必要になるので、一つの病院だけでなく、セカンドオピニオンや目の病気専門に見てくれる獣医さんなどを探して診察してもらうのもいいかもしれません。

このページの先頭へ