犬の眼科専門医のいる埼玉の動物病院を7つ厳選

東京も近く、埼玉と言えば住みやすいイメージがあります。

ドッグカフェやペット同伴カフェも多くあり、犬にも住みやすい環境ではないですか?

今回は、埼玉県の眼科のある動物病院を調べてみました。
出張獣医?
というのでしょうか?

眼科に特化した獣医の先生が、いくつかの病院の担当になっていることもあります。

埼玉にお住まいで、犬の眼科医をお探しなら、是非ご参考下さい。

埼玉動物医療センター

埼玉動物医療センター

画像は公式HP引用:埼玉動物医療センター

一見、人間の病院と見間違えそうなほどの大きな総合病院です。
それぞれ分野ごとにわかれていて、リハビリテーション科という分野もありました。

眼科の先生は、東京の眼科専門の安倍動物病院に勤務していた経歴があるようです。
アメリカ獣医眼科学会BasicScienceCourse修了されているなど、眼に関して非常によく勉強されているのではないでしょうか。

設備も整っているようで、白内障以外にも緑内障や角膜潰瘍などの手術もおこなっているようです。

完全予約制です。

〒358-0033
埼玉県入間市狭山台118
04-2935-2100

HPはこちらです。
埼玉動物医療センター

山崎どうぶつ病院

山崎どうぶつ病院

画像は公式HP引用:山崎どうぶつ病院

比較眼科学会の専門医による診察です。
おやおや??
よく見たら、埼玉動物医療センターの眼科医と同じ名前でした。
同一人物かと思います。

同じ先生ですね。

埼玉では有名な眼科の先生なのかな ?
山崎どうぶつ病院では隔週水曜日に診察してくれるようです。
完全予約制なのでお問い合わせ下さい。

〒330-0851
埼玉県さいたま市 大宮区 櫛引町 1-535-1
048-654-0405

HPはこちらです。
山崎どうぶつ病院

三郷のくみ動物病院

三郷のくみ動物病院

画像は公式HP引用:三郷のくみ動物病院

街のホームドクターといったイメージの病院です。

一般診療と眼科診療があるようですが、眼科の場合、かかりつけの先生の紹介状がいるようです。
直接は見てもらえないのかもしれませんが、一度お問い合わせしてみて下さい。

眼科専門の先生は笑顔の素敵な優しそうな先生です。
男性の先生が苦手な犬は多いので、数少ない女性の眼科医は嬉しいですね。

紹介制です。

〒341-0038
埼玉県三郷市中央3-47-1
048-953-7755

HPはこちらです。
三郷のくみ動物病院
インスタもありました
くみ動物病院のインスタ

動物病院くまごろう

くまごろう動物病院

画像は公式HP引用:動物病院くまごろう

眼科・皮膚科・外科を得意としている動物病院です。
赤熊修という院長先生と同じ名字の赤熊美紀(日本獣医皮膚科学会認定医)先生がいます。

他に先生はいなかったので、眼科に関しては院長先生が見てくれるのではないかと予想されます。

HPには使用する眼科機器の写真がありました。
設備もしっかり整っている感じでした。

ひげを生やした先生は、まさにくまごろうといったイメージの獣医師です。

予約制はないようです。

〒362-0075
埼玉県上尾市柏座2-3-10
048-771-6437
HPはこちらです。
動物病院くまごろう

平成動物病院

平成動物病院

画像は公式HP引用:平成動物病院

眼科・鍼灸を中心とした動物病院です。
眼科は、白内障はもちろんのこと、緑内障や網膜萎縮、角膜類皮腫手術、なんと義眼手術までおこなっているようです。
非常に難しい眼の手術や診察などにも対応していて、他院からの紹介も受付てます。

手術の症例も多くあり、犬猫のみならず、小動物や亀なども診察しているオールマイティな動物病院です。

院長先生以外の獣医はHPでは確認できませんでした。

眼科は予約要です。

〒333-0864
埼玉県川口市柳根町10-8
048-269-3302
HPはこちらです。
平成動物病院

森田動物医療センター

森田動物医療センター

画像は公式HP引用:森田動物医療センター

眼科・循環器内科・光線温熱療法外来・針治療などを得意としている動物病院です。
HP上では、眼に関しての症例がいくつか掲載されていました。

白内障・緑内障・角膜腫瘍など、多くの眼の病気に対応した病院です。
HPの掲載写真が眼球摘出画像などもあり、あまり血を見ることが苦手な方などは見ないほうがいいかもしれません。

しかしこういった症例や実績を公開してくれているのは、現在同じ目の病気に悩む飼い主さんにとってとても参考になると思います。
ブログでもたくさん症例が紹介されているので、是非見てみてください。

〒334-0004
埼玉県川口市坂下町1-8-2
048-281-3166
HPはこちらです。
森田動物医療センター

いちも動物病院

いちも動物病院

画像は公式HP引用:いちも動物病院

2017/04に開院したばかりの新しい病院です。

眼科には力を入れているようで、眼科用機器なども、HPに掲載がありました。

院長先生は他院で眼科診療を中心として、勤務してきた実績があるようです。
白内障や緑内障も対応していて、また、一般診療もしています。

まだまだ若い病院で若い院長先生のようですが、セミナーや勉強会に積極的に参加されているようで、期待できそうな感じです!

〒251-0056
埼玉県さいたま市中央区鈴谷6-6-19
048-799-3900
HPはこちらです。
いちも動物病院

まとめ

いかがでしたか?

新しい病院は不安という方もいるかもしれませんが、動物の医療も人間と同じで日々進化します。

若い先生は、まだまだ実績がないぶん勉強熱心で新しいことを取り入れ、順応性に長けているのではないかと思います。
もちろん年配の獣医の先生でも、向上心が高く勉強家の先生も多くいますが、逆のパターンの先生もまた多くいます。

いつまでたっても好奇心旺盛で、自身の腕を過信しない獣医の先生に出会いたいものです。

今回の記事が、埼玉に住んでいる、愛犬の目の病気に悩む方のお力になれたら幸いです。